読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All about スルフォラファン

ブロッコリースプラウトに含まれる【スルフォラファン】について医学的見地から解説しています

スルフォラファンは加熱しても大丈夫?

スルフォラファンの摂り方のキホン

スルフォラファンは、熱に強い成分です。 ブロッコリースプラウトなどから摂取する場合は、調理法に注意が必要です。 スルフォラファンは、そのままの形ではなく、前駆体であるスルフォラファングルコシノレートとして存在しています。 この前駆体は、ブロッコリースプラウトの中に一緒に含まれているミロシナーゼという酵素の働きによってスルフォラファンに変化しますが、 ミロシナーゼが熱に弱いため、出来るだけ生で摂取する方が良いのです。 サプリメントとして摂る場合は特に気にする必要はありませんね。

ブロッコリースプラウトはどうやって食べたらいいの?

スルフォラファンの摂取を意識してブロッコリースプラウトを食べる場合は、 先ほど述べた理由の通り、生で食べましょう。 サラダや和え物、ナムルに加える他、丼やパスタの彩りとしてトッピングするなどの方法があります。 緑がきれいで、小さな葉っぱは可愛らしいですよ。 もう一つ大事なポイントは、良く噛むこと。 細胞を壊して食べることで酵素ミロシナーゼとの反応も良くなり、スルフォラファンの吸収率は上がります。 同じ理由で、ジュースやスムージーにするのも良いですね。

生の野菜はどうしても苦手!

どうしても生野菜が苦手な方は、加熱して食べても大丈夫です。 酵素ミロシナーゼは熱に弱い性質があるのですが、実は小腸内の細菌の働きによっても前駆体からスルフォラファンに変化することが確認されています。 ですので、加熱すると全く意味がなくなる、というわけではありません。 生が苦手ではなくても、毎日生で食べて飽きてきた場合も加熱して食べてみましょう。 茹でる場合は、是非茹で汁も食べられるようなスープなどがお勧めです。 前駆体のスルフォラファングルコシノレートは水溶性のため、茹で汁の中に溶けてしまうからです。

さらに詳しくスルフォラファンを知ろう

トップページではさらに詳しくスルフォラファンについて解説しています。 ぜひ、スルフォラファンに関する最新の知見について理解を深めてください。

sulphoraphane.hatenablog.com

 

 

 

 

カゴメ「スルフォラファン」の詳細はこちら