読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All about スルフォラファン

ブロッコリースプラウトに含まれる【スルフォラファン】について医学的見地から解説しています

スルフォラファンは肝臓に効く

スルフォラファンが肝臓に良い理由

近年話題のスルフォラファン。様々な作用があるとされ、肝臓にも良い作用をすることが分かってきました。 肝臓は、体内で非常に多様な働きをしています。 主な作用は①解毒②代謝③胆汁の生成です。スルフォラファンは、このうちの解毒作用を高める可能性が示されています。 元々体内に存在している肝臓の解毒酵素は、体内に取り込んでしまった発がん性物質カドミウムや銅、水銀と言った有害な重金属の類を無毒化し、体外へ排出する働きがありますが、スルフォラファンはこの解毒酵素の働きを活性化させる効果があるとされています。

スルフォラファンでデトックス

外から取り込んでしまう有害物質の他に、知らない間に体内で作られてしまう有害物質もあります。活性酸素です。 活性酸素は、紫外線やストレス、喫煙などの様々な原因で体内に発生し、その名の通り活性が高い物質です。 細胞を傷つけて炎症や癌を発生させたり生活習慣病の原因になったり、シミやしわを増やしたりする要因になります。 しかしスルフォラファンは、肝臓においてこの活性酸素に対抗する抗酸化酵素の働きをアップする作用があります。 解毒酵素や抗酸化酵素の働きを強めることで解毒作用をアップさせ、肝臓そのものの働きをサポートしてくれるという訳です。

検査値が気になる方にも。

スルフォラファンの肝臓に対する作用は、検査値という目に見える形でも現れるのです。 研究では、肝機能の高い方にスルフォラファンを2か月摂取してもらい、肝機能の数値の変化を調べました。その結果、多くの方で数値が改善されたというのです。 スルフォラファンにデトックス効果がある事はさきほどご説明しました。 デトックス効果によって肝臓の細胞の傷を防ぎ、肝臓の持つ酵素による解毒効果、抗酸化効果、抗炎症効果を改善し、肝機能の数値も改善したとみられています。

さらに詳しくスルフォラファンを知ろう

トップページではさらに詳しくスルフォラファンについて解説しています。 ぜひ、スルフォラファンに関する最新の知見について理解を深めてください。

sulphoraphane.hatenablog.com

 

 

 

カゴメ「スルフォラファン」の詳細はこちら