読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

All about スルフォラファン

ブロッコリースプラウトに含まれる【スルフォラファン】について医学的見地から解説しています

スルフォラファンは脂肪肝に効く!

スルフォラファン

スルフォラファンとは

スルフォラファンとはブロッコリーに多く含まれており、ピリッとする辛味の元となる成分です。スルフォラファンが注目を集めるきっかけになったのが、ジョンズ、ホプキンス医科大学で、予防医学研究で有名なポール・タラレー博士による効能の発見で、すぐれた抗酸化作用や抗炎症作用など様々な効果があることがわかっています。特に、肝臓が持つ防御機構(解毒、抗酸化、抗炎症)を高めることで、肝機能を改善すると考えられています。

脂肪肝にはスルフォラファン!!

今や日本人の4人に1人は脂肪肝と言われています。脂肪肝とは、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気です。肝臓では脂肪酸から中性脂肪をつくり、肝臓の中にためてエネルギーの元として必要な分を放出しています。しかし運動不足や摂取のしすぎで、使うエネルギーよりもつくられた脂肪酸の方が多いと肝臓にどんどんたまっていきます。これが脂肪肝です。スルフォラファンは肝臓の解毒力を高め、肝臓の働きを蘇らせて肝機能を改善させ、肝細胞についてしまった脂肪を排出させる本来の働きを取り戻す効果があります。

スルフォラファンの効果的な摂取方法

ブロッコリーのおすすめの食べ方は、レンジで加熱することです。スルフォラファンは水に溶けやすいので、茹でるとどんどんお湯の方に成分が溶け出てしまいます。スープなどにしてゆで汁を有効に使うこともおすすめです。また、スルフォラファンをより多く摂取しようとするなら、ブロッコリースプラウトもおすすめです。最近スーパーでも見かけるブロッコリースプラウトブロッコリーの新芽のことで、スルフォラファンがブロッコリーの役7倍含まれています。サラダや冷ややっこにのせたり、スープに入れたり、お刺身のツマ代わりにしたりと調理法はとても簡単です。ぜひ、試してみる価値ありですね。

さらに詳しくスルフォラファンを知ろう

トップページではさらに詳しくスルフォラファンについて解説しています。 ぜひ、スルフォラファンに関する最新の知見について理解を深めてください。

sulphoraphane.hatenablog.com

 

 

カゴメ「スルフォラファン」の詳細はこちら